MyStyleLessonの診断メソッドについて

MyStyleLessonでは正確な分析メソッドで、
“あなただけの似合う服のルール”をご提案しています。
そのため、単なるタイプ分けの診断では終わりません。
タイプ分けだけでは「あなたが似合う服」まで辿りつけないからです。
タイプをさらに深掘りし、「あなた」という人に
しっかりフォーカスを当てた診断メソッドを導入しております。

骨格12分類を用いた、骨格診断PLUS®

骨格診断から逸脱するものではありません。

各タイプの傾向を元に、必要な条件を追加したり、不要なものを除いたりと
様々な角度から総合的に診断を行っております。

そのため、診断も3つのステップを踏んで進めていきます。

①「骨格12分類」によるタイプの細分化
②お顔の印象の分析(顔診断)
③ボディバランスの影響の分析(身体のバランスチェック)

①「骨格12分類」によるタイプの細分化

骨格診断ではストレート、ウェーブ、ナチュラルの3タイプに分類されますが
人の似合う服は3タイプで分けられるほど単純ではありません。

実際の骨格診断ではウェーブとナチュラルのミックス、ストレートとナチュラルのミックスといったかたちで混ざっているケースがよくあります。

そのため、MyStyleLessonでは骨格3タイプを基本とし、更に12まで細分化した「骨格12分類」を採用しています。

これは3000人分の診断データの研究から
得られたメソッドで、
これまで「骨格診断で、どれも当てはまらないと感じた」「診断されたタイプに納得感が持てなかった」という方も、タイプを12まで分けることでそれらが解決されます。

「質感」と「ライン」を分けることで生まれた骨格12分類

ミックスタイプの診断を難しくしていることの一つに「質感」と「ライン」の捉え方の違いがあります。
ご自身の骨格診断タイプが「太っていてわからない」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、原因はここにあります。

骨格12分類は、この「質感」と「ライン」を分けることで生まれました。

例えばストレートタイプの質感は筋肉質、ラインはメリハリ。
ですが、筋肉質であってもメリハリの少ない方もいれば、逆にメリハリも骨感もある方もおられます。

質感で分けられる骨格3タイプを、ラインの違いで更に分類。
また質感においても、その様子に応じ分類。
各タイプ4分類、合計12に分類しています。

②お顔の印象の分析(顔診断)

骨格診断から得られたイメージを、顔診断と合わせて更に調整。
得意なファッションイメージ=得意なテイストに着地させます。

得意なテイストは、実際に服を選ぶ際に大きな指標となります。

③ボディバランスの影響の分析(身体のバランスチェック)

服を着る上で調整が必要な箇所があるかどうかを、独自スケールを使用して診断していきます。
なんだかバランスが悪いな……と感じる違和感は、ボディバランスが影響していることも多いのです。

診断の結果、必要な個所に錯覚手法を用いてバランス調整方法をお伝えし、個別の「似合う」までを導きます。


この一連の診断こそが「本当の似合う」を見つける診断となります。

似合う色の軸を導き出す、パーソナルカラー診断PLUS

パーソナルカラー診断PLUSとは
似合う色を、より具体的に分析する診断方法です。

似合う色がわかったとしても、その色の服をピンポイントで見つけるのは大変ですが
似合う軸がわかれば、必要な要素を足して「似合う色」に近づけることができます。

パーソナルカラー診断の4シーズン分類法をもとに
黄み/青み
清色/濁色
明るさ/暗さ
低彩度/高彩度 を軸として

・似合う色の軸を具体的に分析
・似合う色とそうでない色の特徴
・おすすめのトーン
・おすすめの配色例と傾向

これらを理論的に分析していきます。

また似合う色の軸に沿って、服と同様にヘア&メイクについてもアドバイスさせていただきます。


似合う色の軸とその理由が、実際の服やコスメ、ヘアカラーを選ぶときに重要なポイントとなります。

診断を受けたからといって
タイプがわかったからといって
“じゃあ私はどうしたらいいの?”が具体的に解決しなければ変われない。
これは私自身が経験して身に染みたことです。

MyStyleLessonでは、日々の生活で効果を感じていただけるように
1回の診断でしっかりと手順を踏んで
似合う素材、シルエット、テイスト、色、配色など
ポイントを突いてわかりやすくお伝えしています。

タイトルとURLをコピーしました